[当サイトへの問い合わせ]
693web★gmail.com

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

むくみ解消.com

リンパ浮腫(リンパ水腫)


リンパ管の発育不全あるいは二次性の閉塞によってリンパの流れが阻害され、生じたむくみをリンパ浮腫(リンパ水腫)と言います。

リンパ浮腫(リンパ水腫)には一時性と二次性があります。

sponsored link

一時性リンパ浮腫(リンパ水腫)


生まれつきリンパ管、リンパ節などの発育が悪いなどの先天的な原因によって起こるもので、発生頻度はまれです。

二次性リンパ浮腫(リンパ水腫)


リンパ浮腫(リンパ水腫)のほとんどはこの二次性で、乳がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がんなどの癌治療の際にリンパ節郭清(ガンに侵されたリンパ節を切除すること)を行うことにより、生じることがある症状です。

治療法としては弾性スリーブ・ストッキングやリンパドレナージュなどがありますが、これらは医療器具・医療行為になりますので、専門の資格を持った医師、看護師、理学療法士などでなければ行ってはいけません。

また、現在のところ保険適用となっているのは弾性スリーブ・ストッキングのみで、リンパドレナージュ(マッサージ)は保険の適応とはなりません。

sponsored link



おすすめサイト

ほうれい線を消す

歯医者/歯科医院情報

歯科医院検索

copyright©2009  むくみ解消.com  All Rights Reserved
サイト内の全ての文章・画像等の無断転載を禁止します