[当サイトへの問い合わせ]
693web★gmail.com

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。

むくみ解消.com

"むくみ"って何なの?


むくみ(浮腫み)とは、私たちの体を構成している細胞と細胞の間に、余分な水分が溜まってしまうことにより起きる現象です。

手・足・顔など、様々な部位に生じる可能性があります。

sponsored link

むくみの原因


むくみの原因は、血液やリンパの流れが滞り組織間液が溜まってしまうことが一番多いですが、重力によって起こる場合や、心臓・肝臓などの病気が原因で起こる場合などもあります。

むくみの原因

地球上で生きている限り、体には常に重力がかかります。

そのため、長時間立ち続けていたりすると重力によって血液やリンパ、細胞間液は身体下部(足のほう)に移動していきます。

そして、細胞間液がある一定量以上溜まると、むくみとして現れます。

重力

心不全や心膜炎、肝疾患、低ネフローゼ症候群、腎疾患、静脈の血栓症などの病気や炎症がむくみの原因となっている場合もあります。

むくみと病気

薬の副作用によって、むくみが起きることもありますが、最も多いのがステロイドによる顔や上半身のむくみ、体重増加、肥満などです。

薬の副作用

衣服や靴などによって体が圧迫されることにより、血液・リンパの流れが悪くなり、局所に水分が溜まって"むくみ"が起きることがあります。

衣服や靴のほかにも、きつめの靴下を長時間履いていた場合などにもよく起こります。

衣服による圧迫

リンパ管の発育不全あるいは二次性の閉塞によってリンパの流れが阻害され、生じたむくみをリンパ浮腫(リンパ水腫)と言います。

リンパ浮腫(リンパ水腫)には一時性と二次性があります。

リンパ浮腫(リンパ水腫)

生理と生理のちょうど中間くらいに排卵が起こりますが、この時期には黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されて体温が上昇するので、高温期と呼ばれています。

高温期に起こるホルモンバランスの変化が、むくみの原因となる場合があります。

生理周期

一般的な人の平熱は36.5度くらいですが、この平熱が35.5度くらいの場合を低体温症と言います。

低体温だと新陳代謝やリンパの循環が悪くなるため、体の各所にむくみが出やすくなります。

低体温症

むくみと病気


むくみの原因は、血液やリンパの流れが滞り組織間液が溜まってしまうことが一番多いですが、重力によって起こる場合や、心臓・肝臓などの病気が原因で起こる場合などもあります。

むくみと病気

心不全・心膜炎などの心疾患によって心臓のポンプ機能が低下すると、血液の循環が悪くなり、むくみが起きやすくなります。

心不全・心膜炎

血管の中に血栓ができたり、静脈瘤ができたりすると、血行の流れが妨げられ、むくみが起こりやすくなる場合があります。

血管が詰まってむくみの原因となるものには主に、静脈血栓塞栓症と下肢静脈瘤の二つがあります。

血栓・静脈瘤

アレルギー性浮腫とは、アレルギー反応が起こることによって血管の透過性が亢進し、血管内の水分が外部に出て行きやすくなることによって、むくみが起こるものです。

このように血管の透過性亢進によって引き起こされた局所的な浮腫は、クインケ浮腫(血管浮腫)とも呼ばれます。

アレルギー性浮腫

血液の中には"アルブミン"というたんぱく質が存在しており、、血液に溶けにくい物を運搬したり、血液の浸透圧を一定に保って血液の水分量を調節するといった働きを担っています。

しかし、無理な食事制限やダイエットなどでこの血中アルブミン濃度が低下すると、「低アルブミン血症」が起こって、むくみの原因となる場合があります。

低アルブミン血症

炎症が起きると血管の透過性が亢進し、血管の中の水分が外に出て行きやすくなるため、局所に浮腫(むくみ)が起きやすくなります。

炎症性疾患

顔のむくみ


むくみの原因は、血液やリンパの流れが滞り組織間液が溜まってしまうことが一番多いですが、重力によって起こる場合や、心臓・肝臓などの疾患が原因で起こる場合などもあります。

朝起きると顔がむくんでいた!という経験は誰しもあるかと思いますが、この顔のむくみの原因のほとんどは、夜寝ている間に重力で体の水分が上のほうに集まってきてしまうことです。

そのため、普通に生活をしていると重力が顔に溜まっていた水分が全身に分散されていきますので、お昼から午後にかけて自然とむくみが消えていくことになります。

顔のむくみの原因と症状

顔のむくみ対策としては、まず顔に水分が溜まらない様にすることです。

具体的には、寝る前に水分をたくさん摂らないように気をつけたり、高めの枕を使って頭の高さを高く保ったりすると効果的です。

また、うつぶせで寝ると顔に水分が溜まって、朝起きた時に顔がむくみやすくなりますので、できるだけ仰向けに寝るように心がけましょう。

顔のむくみの解消法

足のむくみ


むくみの原因は、血液やリンパの流れが滞り組織間液が溜まってしまうことが一番多いですが、重力によって起こる場合や、心臓・肝臓などの疾患が原因で起こる場合などもあります。

足のむくみの原因にはいくつかありますが、一番多いのは長時間立ち仕事や座り仕事を行うことで、重力で足のほうに水分が移動することです。

また、心臓病がある人の場合は心臓のポンプ作用が弱くなることで浮腫みが起きやすくなっていたり、肝臓や腎臓に障害がある人の場合には水分代謝が上手くできないことで、足にむくみが生じやすかったりします。

足のむくみの原因と症状

足のむくみの解消法としてはまず第一に、足に溜まった水分を分散させるために血液やリンパの流れを改善させるということです。

そのためには大きく分けて、"運動"と"マッサージ"があります。

足のむくみの解消法

むくみ解消法


むくみを解消させるマッサージのコツや、運動、食事、デトックスなど、様々な方法について詳しく解説していきます。

これらは浮腫みの改善だけではなく、ダイエットや日々の健康増進にも効果がありますので、ぜひ上手に日常生活の中に取り入れてみてください。

むくみを解消させる方法として、マッサージは非常に簡単で効果的です。

しかし、ただやみくもに揉めば良いというわけではなく、効果的に行うためにはいくつかのコツがありますので、ここではそのコツをご紹介させて頂きたいと思います。

むくみ解消マッサージ

むくみを解消させるために、運動は非常に大切です。

運動をすることによって血液やリンパの流れが良くなり、さらに筋肉のポンプ作用によって水分が溜まりにくくなります。

運動

日頃の食事に気をつけることで、むくみ対策を行うことも可能です。
ここでは、むくみを予防するための食生活について説明したいと思います。

食事

デトックスとは"解毒"という意味で、体に溜まった不要な水分や老廃物などを排泄させる行為を言います。

デトックスを行って身体にとって余分な物質を排除することで、むくみ改善の効果も期待できます。

デトックス

漢方とは中国から伝来した医術で、江戸時代末期にオランダから伝わった西洋医学を蘭方と呼ぶ一方で、中国の漢から伝わったものを漢方と呼んでいたことが由来だと言われています。

漢方は按摩や鍼灸、気孔などの中国伝統医学の総称ですが、日本人が一番馴染みがあるのはやはり何と言っても"漢方薬"でしょう。

漢方

全身性浮腫と局所性浮腫


むくみが起きる部位によって"全身性浮腫"と"局所性浮腫"に分類され、それぞれ原因が異なります。

むくみ(浮腫み)には、全身の病気や異常などが原因となって起こる「全身性浮腫」と、局所の静脈またはリンパの流れが滞ることによって引き起こされる「局所性浮腫」があります。

全身性浮腫と局所性浮腫

sponsored link



おすすめサイト

ほうれい線を消す

歯医者/歯科医院情報

歯科医院検索


copyright©2009  むくみ解消.com  All Rights Reserved
サイト内の全ての文章・画像等の無断転載を禁止します